安全について

ラフティングって安全なの?そんな疑問にお答えします。

泳げないのですが大丈夫?

お客様には安全のために無料レンタル装備としてヘルメット、ライフジャケット、ウェットスーツなどを必ず身に着けていただきます。
このため、泳げない方でも水の中でプカプカ浮かぶことができます。ご安心ください。

命を預けるリバーガイドってどんな人なの?

当社の認定ガイドは厳しいガイドトレーニングを経て厳格なガイドテストに合格した者のみのプロ集団です。 国際的なレスキュー技術の権威であるアメリカのレスキュー3社の基準(SRT-1スゥイフトウォーターレスキューテクニシャン)に準じたカリキュラムと十分な装備でツアーを運営しております。
またニュージーランドのラフティングの国家資格であるNZRA(ニュージーランドラフティングアソシエーション)主催のプロガイド向けの講習会(ニュージーランドレスキューワークショップ)にも参加し日々研鑽し安全に努めております。
日本ラフティング協会加盟カンパニーでもある当社では自社内だけではなく同業他社とも連携をとり安全対策に注力しています。
これらのとり組みによりすべてのガイドが高い技術をもっていますのでご安心ください。

  • レスキュー3社
  • 日本ラフティング協会

万が一の事故のとき頼りになるの?

全ガイドが有効期限内のMFA(メディックファーストエイド)、日本赤十字社、消防普通救命講習、消防上級救命講習のなんらかの救急法の資格を保持しております。

また当社では高度な技術力により水害や水難事故が発生した場合、徳島県三好市広域連合消防本部より要請を受け水難救助活動、及び急流でのレスキュー活動を支援する協定を結んでいます。

ご安心ください。

  • MFA JAPAN

安心してラフティングできるよ!!

万が一の保険は?

万が一のために保険に加入しています。

〈三井住友海上国内旅行総合保険〉
死亡・後遺障害 お一人につき:1000万円 入院保険金:5000円/日 通院保険金:2000円/日
  • 金額は保険上減額です。
  • 保険代はツアー料金に含まれています。別途お支払い頂く必要はありません。

安全についてちょっとマニアな豆知識

SRT(スィフトウォーターレスキューテクニシャン)

スイフトウォーター・レスキュー・テクニシャン講習(SRT)を主催するRESCUE 3社は、アメリカ合衆国に本部を置く、緊急救助活動に関わる民間団体の名称です。

SRTトレーニングは世界15ヶ国6万人が受講している、最も権威と実績のある河川水難救助訓練システムです。

『安全にシンプルに、かつ迅速に』救助活動を行うことを基本コンセプトとして、安全で的確な救助活動を行うために不可欠な、川の構造学や水力学、危険や障害の回避を学習します。

当社ではカリキュラムに準じたトレーニングを定期的に実施しており、すべてのガイドが水難救助のトレーニングを受講しています。

MFA(メディックファーストエイド)

アメリカEMPは最新で、かつ最も実用的な救急法であるプログラム「メディックファーストエイド®(MFA)」を開発し、CPRとその他ケガの処置のための救急法の同時習得を可能にしています。WSO世界安全機構にも公認され、現在世界80国以上で200万人以上の人が受講しているものです。

「全米医師会報」「救急蘇生法の指針」(日本医学会)などの発表する最新の医学基準に常に準拠しています。

他にも日本赤十字社、消防普通救命講習に積極的に参加し最新の知識と技術の習得に努めています。

ラフティングのことで分からないこと・聞きたいこと お気軽に問合せ下さい

ガイド・スタッフ募集中!自然に囲まれて働こう!!

ゲストハウス
モモンガビレッジ

吉野川ラフティングやBBQ、うどん打ち体験など色んなアクティビティのベース(基地)です!格安料金で宿泊でき全ての旅人を完全サポート、各方面にもアクセス便利!
親切丁寧を合言葉に頑張っております!
初めての方も安心して利用していただけるゲストハウスです。皆様どうぞお気軽にお越しください~。

ゲストハウス モモンガビレッジ

社団法人 日本ラフティング協会
安心安全のラフティングツアーをお約束。日本ラフティング協会加盟カンパニー

このページのトップへ