吉野川ラフティングブログ

RSSリーダーで購読する

ゴーゴー吉野川ラフティングガイドのエピソード9 二段の瀬

今回のゴーゴーアドベンチャ―吉野川ラフティングのエピソードは、見ての通り大はしゃぎの「バビー」です♫

それをご紹介するのは、おなじみおさかなくんです>゜))))彡

さて、こんなに大はしゃぎするバビーはあまり見たことがないお客さんばかりだと思うのですが。。。笑

でもそんなバビーの、午前中最後の「瀬」二段の瀬でのエピソードは、こちらです♫

バビー曰く、二段の瀬は、相性がいいらしく見切っている!!!!と豪語しております。

この写真を見てもわかるように、二段の一段目にお客さんがカメラにもうアピールできるほどのガイドっぷり♡
二枚目は、あっと驚くお客さんの自然な反応までも引き出すことができるバビー!!

見切っていると豪語するだけのことはあります!!
これまた本人曰く、「でも、この吉野川ラフティングは、調子にのれない川やからね~~~。」と
あたかも調子にのって、やられた(引っくり返る)ことがあると体験したかのような発言!?笑

そんなバビーもこの瀬のサーフィンポイントでも攻める攻める

二列目に居てるお客さん(右の女性)がボートが傾き前列一列目にまで足を伸ばして移動している・・・笑

それでも、ランチポイントに行くときはこの表情になっているのは、安全に楽しんだからですね♫

と今回は、バビーの「二段の瀬」のエピソードでした。

次回は、次の「瀬」大滝の瀬のガイドにまつわるエピソードの紹介をしていきます。

SEE YOU~~


ゴーゴー吉野川ラフティングガイドのエピソード8 二段の瀬

ど~~も~~~~~~>゜))))彡
おさかなくんです♪

今月もはや21日、2月もあと一週間で3月を迎えますね~♫
今朝は霜が降りてきて、昼間はあったかく一枚脱ぐぐらいの陽気さ☀
ここ四国吉野川付近では、昼夜の気温が激しくなってきています。。。

さて、今回のゴーゴーアドベンチャー吉野川ラフティングガイドのエピソード!
場所は前回に続き「二段の瀬」!そして気になるガイドは??

この人、ゴーゴー期待のホープ・かっちゃんです!!しっかりカメラ目線でアピール☆

以下、ホープ・かっちゃん談

この瀬の一段目は、カメラのポイントでもあり写真にちゃんと写るように合わせるのが大変です(涙)

このようにド迫力の写真を撮ってもらい、お客様に喜んでもらえるようにしっかりボートコントロールするのもガイドに必要なスキル!!


でも、ボートが傾きお客様がたま~~に落ちることも・・・・

ここはやっぱりサーフィンが出来るので、ここはほんとに要注意(笑)

ボートの一列目と二列目では、天国と地獄!!(笑)

落ちることもしばしあるが、なにより、後ろで指をさして笑われてるのが・・・・・(笑)たすけてよ~~~!!

と、ホープ・かっちゃんの二段の瀬のエピソードでした!!

次回は、バビーの出番ですよー♫
楽しみにね~~~~ SEE YOU~~~~


ゴーゴー吉野川ラフティングガイドのエピソード7 二段の瀬

こんばんは~~☆おさかなくんです>゜))))彡

今日の四国吉野川付近は、暖かい天候に恵まれ少し汗をかくぐらいでした!!
でも、陽が沈めば一気に寒くなりましたけどね?!(笑)

さて、今回のゴーゴーアドベンチャ―四国吉野川ラフティングガイドのエピソードは、

前回に続きわたし、「おさかなくん」です。

かわいいっでしょ?!笑

今回は、午前中最後の瀬、「2段の瀬」
ここは、1段目ド~~~ン♪その後2段目ドドド~~~ンンンン♫っと、2段の落ち込みがあることから「2段の瀬」と言われるようになりました。

もう10年近くになりますが、初めて四国吉野川ラフティングをお客さんとしてやった時、この2段の瀬の1段目でボートが引っくり返りました。
それまでは、絶対に引っくり返った方が面白いとおもっていましたが、1段目で引っくり返り、2段目を体一つで流され、いっぱい川の水を飲みました。
そしてこう思ったのです。
「自然をなめてた・・・・・・・・・」
それから、ここにきてトレーニングなどここでの苦しかった思い出は、一時も忘れたことがないので、絶対に落ちないと心に刻んで練習に励んでおりました(笑)

今では、あまり落ちることもなく気が抜けていることもしばし。。。。。

たまに2段目で落ちそうになっているんです・・笑・・・初心を思い出さねば。。。

そして、ここ2段の瀬の2段目では、「サーフィン」ができるんのが大好きです!!

こんなにボートが傾くこともあるんです!!でもこのあとボートは引っくり返ってないんですよ!?不思議でしょ?!
乗ってるお客さんは、誰も落ちずにビショビショですけどね(笑)

と、今回はわたくし、おさかなくんのエピソードでした♫
次回もここ「2段の瀬」での、他のガイドのエピソード!!!
こうご期待!?

SEE YOU


ゴーゴー吉野川ラフティングガイドのエピソード6 森囲いの瀬

どーも~~~~♪おさかなくんです>゜))))彡

今日は雨なのか、曇りなのか、、、はたまた天気が良くなってきたのか。。。。はっきりしない空模様の四国吉野川付近でした。

で、今回のゴーゴーアドベンチャ―吉野川ラフティングガイドの「森囲いの瀬」のエピソードは、わたくし

そう!?おさかなくんです>゜))))彡

この森囲いの瀬は、
前回の二人同様、水の少ない時はほんとに気の抜けない瀬になりまして、、、特には、前半部分でガイドさんが前の方に吹っ飛ぶ!!

これを先輩のバビーにしっかり教えてもらっていたんですが、トレーニングでも!本番でも!!幾度となく!!!!!
おさかなくんは、前に吹っ飛びました。
時には、お客さんとお客さんとの間に挟まったりなど、お客さんは激流のさなかに、おさかなくんのいきなりの出現にも驚かされ、笑っていました(笑)

水量が多い時は、午前中では一番楽しいポイントでもありました。
ガイドの席(一番後ろ)まで水しぶきがかかるぐらいに激しい波が待ち構えているので、そこでのお客さんのやられっぷりを後ろから見て笑うのが楽しみですね♫笑

そんなおさかなくんですが、しっかり真面目にお仕事(操船)しているんですよ!!

ほらね!?

時折、おきゃくさんとシンクロしてたりもしますけどね☆笑

今回で、この森囲いの瀬のガイドエピソードは終わりです。次回は、次の瀬にいきますので、楽しみにしといてくださいね~~>゜))))彡

それではまた~~~~ SEE YOU~~~


ゴーゴー吉野川ラフティングガイドのエピソード5 森囲いの瀬

こんばんは~~~~♫
おさかなくんです☆

今日も天気が良くって、日中はぽかぽか☀暖かい日差しを浴びて日光浴をしました(笑)

そんな、四国徳島吉野川ラフティングにまつわる、ゴーゴーアドベンチャ―吉野川ラフティングガイドのエピソード!!

前回に引き続き、2つ目の「瀬」森囲いの瀬!!

さて今回のエピソードは、この方!?

逆向きですが、かっちゃんで~~~ッス♫

まだ2年目のかっちゃんは、昨日ことのように覚えてることもたくさんあるみたいで。。。笑

そんな彼のここでのエピソードは、

水量が少ない時は、浅くて岩がゴロゴロしているイメージが!?
先輩に言われた「エントリーが全て!」
この言葉通り、この「森囲いの瀬」はエントリーに特に気を使います。
少しでもエントリーにミスがあると、この瀬が終わるまで、右の岩!ドーン・・・左の岩!!ドドーン・・・右の岩!?ドンドーン!!!・・・
と、壁や岩に当たりっぱなし。まるで、自然界のパチンコ台やぁ~~~。。。

エントリーした後も、先々の川の流れと岩の位置等を把握しながら、下っています。
この瀬では、ボートコントロールが要求されるため、いやでも鍛えられましたね!!

もちろんここでも、自分がボートから落ちて岩にお尻をペンペン♫撫でてもらうこともしばしばありましたね・・・(笑)

前回の通りここは写真がない場所になりますのでイメージでお届け!
先々を考慮して、操船に集中するのでしょうが、たまには「ハッ?!」とするような表情を見せることもしばしば(笑)

しかし、かっちゃんはいつも真剣な眼差しで、ガイドをしているのですよ!
全体の2割ぐらいですけどね・・・(笑)

と、今回はかっちゃんの「森囲いの瀬」でした☆

次回も引き続きごしょうかいしますのでこうご期待あれ~~!

SEE YOU~~


ゴーゴー吉野川ラフティングガイドのエピソード4 森囲いの瀬

こんばんは~~~>゜))))彡

おさかなくんです♪

本日は、バレンタインです。
みなさんチョコは食べましたか?それともあげましたか??

学生の時は、もらえるのかとドキドキの一日を過ごす内気な少年だったおさかなくんでしたが、、、、、結果は、もらえない日を過ごしてました笑

そんなことはさておいて、今回のゴーゴーアドベンチャ―吉野川ラフティングガイドのエピソード4「森囲いの瀬」

「森囲いの瀬」は、大きい瀬でスタートしてから、二つ目の「瀬」
森に囲まれているような場所からこの名がつきました。

その場所でのエピソードはこの方

二児のパパ「バビー」で~~す♪
エピソード1から順当にいくと「かっちゃん」のはずなんですが、そうは問屋がおろしませんよ~~!!
いい意味でお客様を裏切るのがゴーゴー流☆笑

何気に難易度が高いこの森囲いの瀬!!とバビーは言う。
水量が多い時は、ボートが引っくり返る大きい波があるし、逆に水量が少ない時は岩がたくさん出てきたり、ボートが波につかまるとお客さんだけがポロポロ落ちることも・・・
と、いつでも気が抜けない瀬。
まだ、ガイドとして経験が浅かった時は、、、一番苦手な瀬と。
おさかなくんが教えてもらった時は、午前中の中で一番好きな瀬と聞いたことがあります。

何度も何度も川を下り苦手意識を克服し、好きな瀬になったんですね!

その「森囲いの瀬」は、陸上カメラマンの写真がないので、イメージ写真で(笑)

別の「瀬」での写真を引用してますが、森囲いの瀬もメガネの奥にひかる先を見据える鋭い眼差しで、お客様を恐怖から楽しい笑顔にご案内してくれます♪

そんなバビーのするボートに乗ってバビーワールドに酔いしれませんか?!

では、今回のゴーゴーアドベンチャ―吉野川ラフティングガイドのエピソード4は、森囲いの瀬・バビーでした。

次回もよろしくで~☀   SEE YOU


ゴーゴー吉野川ラフティングガイドのエピソード3 鉄橋の瀬

こんばんは~~~>゜))))彡おさかなくんです♪

最近は、暖かい日が続いてるここ四国吉野川大歩危小歩危付近!!
小鳥のさえずりもピーピー・パーパー♫笑

さて今回もゴーゴーアドベンチャ―吉野川ラフティングガイドのエピソードをご紹介☆

今回は、わたくし、おさかなくん>゜))))彡

そして場所は前回同様、一番初めの瀬、「鉄橋の瀬」!

きっちり、カメラ目線を無視してでのお働きぶり♡笑

しかし、おさかなくんにもこの鉄橋には、忘れられないエピソードがあります。

まだ、ガイド(一人前)になっていなくて初めて先輩に教えてもらって、この鉄橋の瀬に舵をとって行った時、
先輩から、ここはこうなるとこうなってこうなって、ボートがひっくり返るから駄目だよ!!気を付けてね♫とアドバイスを受けました。

そして、どきどきして挑んだ結果・・・・・

先輩からの教えてもらった注意事項の通りになってしまい、案の定、最後にボートが引っくり返りました(笑)

そして、その先輩も含め、川へ・・・そして、上がってきた先輩は眼鏡を落としてしまいました。。。。

すいません・・・・

でも今思うと、まだ一人前でない自分に舵を取らすのに、メガネバンドなしで挑むのはどうかと・・・・(笑)

でも、おかげさまで、この鉄橋の瀬の危ないパターンは一発で!!体で!!覚えました!!!

すいませんと言いましたが、「ありがとうギョざいました>゜))))彡」

そんな出来事があったおさかなん、今では、

このとおり。ルンルン♫でガイドできるようになりました!!(笑)

と今日は、ここまでです。

次回は次の瀬のエピソードを一挙公開♫

SEE YOU


ゴーゴー吉野川ラフティングガイドのエピソード2 鉄橋の瀬

こんばんは~~~>゜))))彡おさかなくんです♪

今朝は、全国で寒波に見舞われ、福井県は敦賀の国道で約300台の車が立ち往生したみたいです。。。
雪も一気に多く振ると怖いですね。
年末、ここ四国徳島県吉野川付近の三好市でも、同じことがあったのを思い出しました。。

さぁ!やってまいりました。今回も!?
ゴーゴーアドベンチャ―吉野川ラフティングガイドのスピンオフ企画?(笑)
ガイドのエピソードを一挙公開しますよ~~!!

前回に続き場所は、一つ目にある「瀬」。

「鉄橋の瀬」

今回のガイドは、なんとこのお方?!

バビー隊長で~~~っす♫

鉄橋の瀬は、どちらかというと激しいけどそこまで激しくない、ちょうどいい瀬!!
こんな風にお客様もカメラにむかってポーズを撮ったり、ガイドバビーも咆哮できる余裕も!!

この場所でのバビーのエピソードは、

トレーニング(ガイドになる前等)で良く泳いだとか!
ここでのスイムトレーニングは、流れ・流速・地形と3拍子そろって好条件!!
イヤになるほど、泳いだそうだ!!(笑)前回のかっちゃんと一緒だ(笑)

ここでのお客さんの激流スイムは、すごく良く!
これから一日の激流に慣れるためにも飛び込んでおくと、いざ落ちた時に少し心の余裕ができる(バビー談)

そんな、好条件の鉄橋の瀬も、いざというときはさすがのガイドもヒヤッとするときもあるみたいだ!!!
それは下の画像でお分かりなるだろう。
それでは、今回は次の画像でお別れになります。。
また次回のエピソードも楽しみにしといてくださいね~~♪

SEE YOU


ゴーゴー吉野川ラフティングガイドのエピソード1 鉄橋の瀬

ギョギョギョ~~♪最近、闇金牛島君(山田孝之)に似ているおさかなくんです>゜))))彡笑

今日ははっきりしない天気?といえばしなかった吉野川付近。

朝は雨(一部雪)からの晴れ☀、そして夕方にはまた雨・・・風は強く寒し。。。

そんな中、ラフティングのことなんて寒くて思い出したくないですが、夏の思い出はいつでも思い出して早くやりたくなるんですよね~~☆

と、今回はそんな思い出?を振り返るかのように各瀬のゴーゴーアドベンチャー吉野川ラフティングガイドのエピソードをご紹介していきますね~~♪

まずは、小歩危コースの一番最初に現れる「鉄橋の瀬」

鉄橋の瀬でピンとこない人もいてると思いますが。これ見て思い出しますか??

鉄橋の手前にあるから「鉄橋の瀬」

大きい瀬の中でもシンプルな川の流れになっていて、ウォーミングアップにはもってこいの激流☆

でも、ガイドには様々な思いれがここには、あるのです・・・・


まずはかっちゃん

今はお客様を乗せて、笑顔でカメラに向かってるけども。。。

トレーニング時(まだガイドになってない時)、
ボートが引っくり返って&ボートを戻すのが事が、確実にできなかった頃、この鉄橋の瀬で「練習!」
このトレーニングの指示が、悪魔のように聞こえていた。。。

激しい波の後、ボートをひっくり返し、その後ボートに上がれずボートと一緒に流されることもしばしば・・・

最初はひっくり返った時、苦しい想いをしていた。
なぜなら、「わーーーーーーーーーーっ?!」っと声を上げていたから、川に入った時は息をすえてなかったため。。。

何回か重ねるうちに、「息は、吐かない」・「息は止めておく」ということに気付いた。
そしたら、激流の中に落ちても安心だよ♫

みなさんも、この鉄橋の瀬の後、このように飛び込んで流されたのを覚えてますか??
その流されてる時に、アップアップした顔をカメラマンに良く撮られましたよね(笑)
かっちゃんの言うように、川に入るときは、「息を止める」これをマスターすれば、あわてずに楽に流されますよ~~笑

では次回は、他のガイドのエピソードを紹介していきますね~~♪

SEE YOU ~~ >゜))))彡


ゴーゴー吉野川ラフティング冬のガイドたち Vol.8あきら2

こんばんは―――☆おさかなくんです>゜))))彡

今日は、朝からいい天気☀だったんですが、大霜が下りてきていて、とてもとても寒かった四国吉野川付近です!!

そして今日は立春ということもあり、何とも晴れ間が温かく感じる一日となりました。

今回のゴーゴーアドベンチャ―吉野川ラフティングガイド冬の過ごし方は、あきら☆

前回の彼は、北海道はキロロでの様子でしたが・・・・今回は・・・・・・・・・・・・

どん!! やはり雪♪やないか~~~~~いい笑

でもでも、そこはなんと、四国でございます☆

四国でも雪は降るの???とよく聞かれますが、降りますよ~~~~☆
冬の時期は、スタッドレスタイヤがかかせない地域でもある、四国吉野川付近。

リフトに乗って、頂上を目指すあきら(一番左)!!ん???リフト??っと思った方!!

そうなんです。四国には、ちゃんとスキー場もあるんですよ~~~☆
5つほどありますよー♪

シャイボーイあきらは、遠目がお好きで、ビーニーやウェアで隠れた彼の豊かな表情は、夏の時期でしか見れないという噂も?!笑


飛んだり跳ねたり大好きな彼は、今日もどこかで浮いているに違いありません笑
夏も川の上で、飛んだり跳ねたりすることもあるかもしれませんね?!笑

みなさんも、冬のシーズンは何かで満喫していますか?!
遊びや楽しいことがないとこの寒さには耐えられないですよね~~♪

3月を迎えれば、少しずつ暖かく感じるはず!
風邪や体調には気を付けてお過ごしくださいね~~~♪

SEE YOU~~>゜))))彡


カテゴリー
  • カテゴリーなし
最近のエントリー
最新のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
2015年2月
« 1月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728  

このページのトップへ

Translate »